福祉や医療に関しての将来の不安と対策

日本に住んでいる場合には、将来までも日本で暮らすことになりますが、今は何とか生きることができています。
しかし、日本の将来は誰にもわからないということなので、色々な情報から将来を予測して対処する必要があります。
準備ができているのと、できていないのとでは、その時になって困り方も違ってきます。
対処できるかできないかの違いにもなります。
たとえば国の予算を考えてみると、今でも大幅な赤字です。
天文学的な赤字で、驚くばかりの金額になっています。
そうなると、将来余裕ができて、医療や福祉関係に予算が潤沢にまわってくるということは考えにくくなります。
その意味するところは、国が国民のためになすべきサービスが減ってくるということです。
その減ったサービスは、誰が補うのかということですが、当然個人です。
それに高齢化社会ということでは、長寿になるわけです。
そうなると、ますます自分で準備をしておく必要があります。
とくに医療関係の準備は重要です。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

福祉や医療に関しての将来の不安と対策